micorunの自己紹介

自己紹介を長々と書きました。

14 絵柄を変えよう

私は楽天マリオカート動画をきっかけに、再び筆を持ち始めました。
しかしすぐには動かさず、再び考え始めました。
特に動画でヒットした時に感じたことは、マンガという媒体の市場も、見方を変えればニッチな市場になり得るということです。

日本では漫画を読んだことが無い人なんてほとんどいないでしょうし、日本といえばアニメや漫画と呼べるくらい、広い市場を持っています。
しかしこれが世界で見てみれば、マンガはどこの国にあっても、今でも多くのマンガは子供の読み物として扱われています。
また、同じマンガやアニメでも、美少女のような女の子は、ペドフィリア(小児性的嗜好)として、ポルノジャンルの一種と見られているのが世界的には一般的とも言われています。

たしかに美少女キャラクターやアニメは、性的な内容と無関係とは言えませんし、日本だってほんの10年前には、オタクの語源の一説にあるように、公には出来ない趣味の一つだったのです。

私が描くマンガも、性的な要素は無くても美少女寄りの絵柄で、万人受けするようなキャラクターではありませんでした。

世界に受け入れられるとまではいかなくても、せめて誰にでも見せられるキャラクターにしようと思い、絵柄も何もかも変えることにしました。

f:id:micorunblog:20171102051828j:plain