micorunの自己紹介

自己紹介を長々と書きました。

0C 人とはズレた価値観


美味しいものが食べたいとか、旅行やレジャーが好き、何かのコレクター、あるいは借金がある場合は、そんなこと言ってられずに稼がなければいけないのかもしれませんが、自分の価値観はかなり一般的なものとずれているという自覚があるのと、その価値観には倹約生活が当てはまりやすい理由というのがあるのです。

 

まず食事ですが、贅沢な食事がどうとか言う以前に、私は極度の偏食であるため、世の中に出回っている食材のほとんどを口にすることが出来ません。
高級食材なんて論外。焼き肉ですら食べたことが無いのです。
味覚障害では無いと思いますが、ドレッシングや複数の食材が混ざっていると、途端に味が分からなくなるため、味付けのない料理しか食べられない、というのが正しいのかもしれません。

もしも「食べたいのに食べられない」のでしたら、相当な苦痛を感じるのでしょうが、そもそも食に興味がないため、食に対する贅沢と言えば、季節のフルーツを食べることと、モスバーガーでチキンナゲットを食べるぐらいです。

「食べたことが無いから知らないだけだ」と、お世話になっている人に食事に誘われたことも幾度もありますが、高い牛肉を食べてもローソンのからあげクンの方が美味しいと思い、秘伝のスープを使ったラーメンを食べても、日高屋のラーメンとの味の違いが分かりませんでした。

 

『どれも同じじゃないですかあ!』のネタ画像のように、私にとって食事はオタクのコレクションぐらいにどうでもよく、全く分からない世界なのです。

「私も偏食だったけど克服した。だから貴方も克服出来るから食べましょう」と言ってくる人もこれまで何十人といましたが、私は克服したいとか偏食に対するコンプレックスは無いのでありがた迷惑でしかありません。いいから白米だけ食べさせてくれ、と言いたくなります。
二十代も後半を過ぎ、健康面や栄養価を真面目に考えなければいけなくなってきたので、興味が無くとも考えて食事を取るようにしてはいますが、値段が高ければ健康に良いわけでもないので、ますます質素な食事へと切り替わっていくように思えます。

 

自分の偏食に纏わる話をマンガにすれば、エッセイ漫画として描けそうなネタは沢山あるのですが、そういった病気や障害のようなテーマの漫画を描くと、何処から湧いてくるのか知りませんが、ともかく「私の方がひどい症状です」とか「それは発達障害です」みたいな人が来て炎上より悲惨な光景になるので、絶対描きたくないです。

f:id:micorunblog:20171105012206j:plain

以前描いたネタがあるのですが、お蔵入りになりました。