micorunの自己紹介

自己紹介を長々と書きました。

03 模写、アダルト、ニッチな方向へ…

力作が全く相手にされなかった後に考えた目標は「人から注目を集めること」でした。
どうすれば絵を見てくれるのだろう?
どうすればいいねを貰えるのだろう?
そんなことを考えながら、描く絵はどんどん迷走していきました。
例えば好きなアニメの原画を模写してみたり、有名な漫画家の画風を真似た絵などは、自分のオリジナルのキャラクターや画風よりも、当然注目されます。
単純に作品や作家名による検索流入があるため、最も簡単なPV稼ぎと言えます。
ですが、それでは自分の絵ではないのは勿論、褒められても嬉しいとは素直に思えません。
その次は、アダルトなイラストや漫画を描いていた時期もありました。
性的なコンテンツは元から需要があるのは勿論、絵の上手さや絵柄よりも、シチュエーションやフェティッシュな要素など、中身で選ぶ人も少なからずいるので、経歴や腕にも関わらずpixivなどでもお気に入り数が桁一つ違ったり、同人誌でも売り上げが良かったりしました。
しかし、私自身は成人向けの漫画を描いていても、当然楽しくありませんでした。
何よりネット上では発表出来ても、家族や友人にはとても見せられない、見られたら困る状況に「何をやっているのか自分は」と我に返ってしまいました。

f:id:micorunblog:20171102042712j:plain

当時作ったコピ本。持ってる人はいない、はず……。